イタバシエアラインズ
東京の端っこ、板橋から世界に向けてくだらないことをダイレクトにお届けします。
プロフィール

ジャパン

Author:ジャパン
職業、会社員。
笑いと食べることとソウルが好きな
29歳の男です。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お久しぶりです
今さらながら

あけましておめでとうございます

1ヶ月以上サボっちゃいました。

先月は忙しかったですね。
土日はどこか行ってたか、仕事してたし。
平日は夜遅くまで仕事。
ようやく今週末に余裕が出ました。
(といってもほとんど遊びだけど)

きょうから地味に更新していきます。
12月も見てくださいね。
今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記

キレてないっすよ
20061207210405
きのうは会議があって、夜は飲みに行くことに。
軽く一杯のつもりがズルズルと。
しかも終電間際頃から後輩が会社を辞める辞めないと言い出すから
そこからえらく盛り上がって帰るタイミングを完全に逃しちゃいました。

結局2時くらいまで飲んでそのまま先輩宅へ。
ヘロヘロのまま会社に来てヒゲを剃ったらめちゃくちゃ流血( ̄□ ̄;)!!
切れまくりました。
上司には「気合いが入ってないからカミソリに負けるんだ」と
訳の分からない精神論を押し付けられるし。
最悪な朝でした。

もちろんきょうはほとんど仕事になりませんでした(>_<)

有馬温泉ではしご湯
きのう仕事を終えて大阪で会社の同期と飲みました。
新地の「竹」という寿司屋。
なかなかおいしかったですよ。
食べ放題で一人5,000円くらい。
そのまま同期のところにお泊り。

そしてきょうは有馬温泉に行ってきました。
神戸電鉄に乗って有馬温泉へ。
レトロな神戸電鉄
懐かしい感じのする電車です。

有馬温泉には旅館がたくさんあってそれぞれ日帰り入浴をやっています。
今回は日帰り入浴専門の「金の湯」へ入浴。
お湯は金色?
お湯は金の湯という名の通り、金色とまではいかないけど茶褐色
暖まりました。

続いて向かったのが金の湯から歩いて5分くらいのところにある「銀の湯」。
銀というか…
こちらは金の湯に比べると少し小さめ。
お湯は無色透明でした。
いくら冬とはいえ2軒目となるとのぼせてきちゃう。

風呂上がりに一杯ということで、
売店で売っていいたありまサイダーを飲みましたよ。
シュワシュワシュワシュワ~
このサイダーの炭酸がすごい!!
ビンに口をつけて一気に喉に入れようとしたら、喉が拒否する。
あまりに炭酸が強すぎて喉を通らない。
もともと有馬のお湯に炭酸泉があって、
その炭酸泉に甘く味付けて売り出したのが始まりだとか。
有馬温泉に行ったらぜひどうぞ!
ほんとにびっくりするから。

帰りは今年の2月に開港した神戸空港から羽田へ。
ポートアイランド沖にある海上空港。
神戸空港の南側
そんなに大きくないんですよ。
というかめちゃくちゃ小さい。
手荷物検査場まで50メートルあるかないか
↑この写真は空港の入口から見たところ。
すごい近い。
そしてコンパクト。
あっという間に搭乗口に行けちゃいます。
で、搭乗口はこんな感じ。
搭乗口はどこの空港も一緒か…
ふつう。
できたばっかりだからきれいだけどね。
三宮から20分くらいで行けるんですよ。
いいね、神戸空港

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

週末の京都駅
20061202181109
JR京都駅にいます。
混雑してます。
めちゃくちゃ人がいます。
まだ紅葉が見られるということもあるでしょうね。

出張は終了しました。
これから板橋に帰らず、
大阪で友達と飲みます!
そのまま友達の家に泊めてもらって、
あした遊んで帰る予定です。

今夜は飲みまくるぞ~(≧▽≦)



眺望なし
20061202073414
きのう京都に来ました。
泊まったホテルの部屋からの景観がこれ。

寝るだけだからいいんだけど。(-з-)

出張はきょうまで。
だけど今夜は友達のとこに泊まって明日帰ります。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。